2016年に、イーサリアム上に作られた「The Dao」というサービスが、ハッキングにより約360万ETH(当時65億円相当)もの資金を盗まれる事件が起きました。

この時の被害額は同サービスがイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で調達した総額約150億円の1/3以上に当たります。

この事件発生を受けて、イーサリアム(ETH)の開発チームは「ハードフォークによって不正送金が行われる前の状態に戻す」という手段で解決を図りました。

The Dao事件をきっかけに、本家イーサリアム(ETH)の性質をそのまま受け継いだ新しい仮想通貨として、イーサリアムクラシック(ETC)が誕生したのです。

イーサリアムクラシック(ETC)は、分裂以降独自の機能がどんどん付け加えられてきており、将来有望な仮想通貨としても注目されています。