日本でいう日本銀行と言われる場所(海外の中央銀行と言われる場所)が発行し、管理しされており、法定通貨は発行数の上限がなく、その時の情勢に合わせて中央銀行が発行数を決めて調整しています。

いわゆる 中央集権型 と言われる場所